秋運動会を思い出し、大学受験を考える

みなさん、こんにちは!
t-Live岐阜校です。

岐阜県も緊急事態宣言が解除となり、学校も平常に戻りつつあるころと思います。
一部の自治体では飲食店への時短要請を継続することとなりました。

高校生のみなさんも、まだまだ外出時には混雑している場所や時間を避けて、できるだけ少人数で行動しましょう。

秋となり運動会を思い出し、、、
今回は、「秋運動会を思い出し、大学受験を考える」です。

「位置についてよーいドン!」
小さい時から聞き覚えのある言葉です。

みんなが一斉にスタートする言葉ですが、大学受験勉強は一斉にはスタートはしていません。同じなのは、「試験日・合格発表の日」です。

「位置について・・・」を聞いた時は、みなさんは高校1年生? 2年生? 3年生? それとも中学生、小学生、春・夏・秋・冬? いつ頃ですか?

知らない間に「位置について・・・」という言葉は、もう発声されています。
聞こえましたか?前に位置する同級生はフライングで注意はされていません。

「よーいドン」でスタートするのが一番多いのは「高校3年生の春~夏休み」が全体の40%

「その他高3生のいずれかの時期」から大学受験の勉強を始める生徒を含めると約70%以上が高3生のいずれかの時期から始めるというデータがあちらこちらから出ています。

大学受験を始めた時期が高3生のいずれかの時期が1番多いということは分かりますが、約70%の人達の合否については分かりません。
できるだけ早くスタートをする方が有利と思えますが、みなさんはどうでしょうか。

t-Liveには、多くの現役東大生講師がいます。「位置についてよーいドン」はいつ聞こえたのか。また、ゴールまでの道のりは十人十色の障害物競走です。

東大生も皆さんと同様、勉強したくない時もあったでしょう。模試の結果が良いと、気が緩んでしまったり…しかしゴールまで走りぬいたのが彼らです。

t-Live岐阜校のスタッフ一同、志望校合格に向けて走り出す皆さんを東大生講師と精一杯サポートします。
ぜひ一緒に頑張りましょう!